パリ×写真×ブログ パリ散歩日和。
Chateau de Chenonceau

当ブログは下記サイトに移行しました。 ブックマークなどの更新をお願いいたします。
写真×旅×街 | ISHIKAWA Portfolio | ATELIER ENSOLEILLE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chateau de Chenonceau

Chateau de Chenonceau


光の展示室

Chateau de Chenonceau, Chenonceaux
シュノンソー シュノンソー城
Plan

BlogRanking.gif



さて、ロワールの城廻り特集の最後、
シュノンソー城内の特集です。

DSC_070516-5673.jpg

DSC_070516-5680.jpg

DSC_070516-5612.jpg

DSC_070516-5616.jpg

DSC_070516-5614.jpg

DSC_070516-5631.jpg

DSC_070516-5638.jpg

DSC_070516-5641.jpg

DSC_070516-5650.jpg

DSC_070516-5658.jpg

DSC_070516-5668.jpg

DSC_070516-5621.jpg

DSC_070516-5622.jpg


以上で今回のロワールの古城めぐり特集は終わりです。
楽しんでいただけたでしょうか?
↓楽しんでいただけた方はクリックを!
BlogRanking.gif



古城めぐり、楽しませていただきました。
6枚目の、カラー(花)が飾られた小部屋の写真が特に好きです♪
4年前に私が訪れた時には、バラが籠一杯に溢れていました。

parisanpoさんが訪れた時は、あまり観光客の方が
いらっしゃらなかったのでしょうか?
どのお写真からも、静寂な雰囲気が伝わってきますね。
2007.05.17 06:02 | URL | kero | 編集
楽しませて頂きました~♪
半日でコレだけの撮影 お疲れ様でした。。
次のリクエストはー 香水のお城! ←冗談です(笑)

相変わらずシュノンソーの鉢植えはダイナミックですね
私が訪れたときは3月でチューリップが四角い鉢に植わっていました
球根が半分はみ出た状態で鉢一杯に植わっている姿に驚き
写真で残してあります
2007.05.17 06:32 | URL | かーみっと | 編集
ヨーロッパのお城って本当に素敵~
ため息ばかりが出ます。
住みたいな~
天井も高くて広々とした間取りも優雅さを漂わせていますね。

現在、ヨーロッパの城のような建築を立てようとすると
ものすごーーーい金額がかかるそうです。
数百億円では済まないと聞いたことがあります。
ロシアの宮殿のお部屋1つでン十億・・・
クラクラします・・・^^;

維持管理も大変だろうし、昔の仕様は使いにくいかもしれないけれど
1度は生活してみたい気がします。
そのときには裾まであるドレスを着るんだ~~!
(妄想は果てしなく広がる~~)
2007.05.17 14:56 | URL | 永月水人 | 編集
>keroさん
楽しんでいただけましたか?
小部屋の鉢に一杯のバラっていうのもいいですね。

私が訪れた時は結構すいていた方かもしれません。
込む時は込むんですかね?
でも、写真を撮る時に必要以上の人は入れないように、
じっと待ってから撮ったりもしてます。
(とくにこういった室内写真は)
2007.05.18 08:58 | URL | parisanpo | 編集
>かーみっとさん
楽しんでいただけたようで何よりです。
香水のお城って有名なんですか?この近くなんでしょうか?

フランスのフラワーアート(と言うんでしょうか?)って、
大胆ですよね。
お花屋さんでも大胆にがっとやってばっとやってます。
2007.05.18 09:00 | URL | parisanpo | 編集
>永月水人さん
なんとも女性らしい妄想ですね。

お城は権力の象徴ですから、今のこの時代には無理でしょうね。
パリの古いアパルトマンのような建物も、現代で再現しようとしたら相当高くつきますしね。
2007.05.18 09:02 | URL | parisanpo | 編集
はい、、楽しませていただきました~♪一段一段階段を一緒に下りて、一部屋ずつ、ゆっくり、parisanpoさんと一緒に回っているようでした。今でこそ、、きれいなものとしてみることが出来ますが、昔は、血なまぐさいこともあったのでしょうね。
↓parisanpoさんのお考えに同感です。金銭至上主義になり、格差社会がエスカレートして、今のアメリカのようにワーキングプアが増えれば、この美しいフランスが、どこへ行く!になるでしょうね。
本当に、フランスらしくあれ!といいたいですね。
素敵な古城めぐり、ありがとうございました。
2007.05.18 22:39 | URL | sakura | 編集
そういえば、むかしドラえもんで、ヨーロッパではよくお城が売りに出ているから買いに行こう、みたいな話があったような気がします。
維持管理が大変だという現実的なことも書かれていましたが、
こんなに部屋がたくさんあるのでは、使用人を大勢雇えるのでなければ、どうにもならないでしょうね。
2007.05.20 07:09 | URL | 不思議な世界旅行 | 編集
>sakuraさん
次にロワールに行くことがあったら、ゆっくりと見てまわりたいです。
素敵な森を、庭を、部屋を。
2007.05.20 07:53 | URL | parisanpo | 編集
>不思議な世界旅行さん
さすがドラえもん、知的な漫画ですね。

こういったお城は、
建築に関しても、維持に関しても、
権力と支配の象徴ですからね。
2007.05.20 07:55 | URL | parisanpo | 編集
ロワールの古城めぐりの旅から昨日戻って参りましたー。あいにくのお天気で...でも人も多くてお城の中ではあんまりいい写真は撮れませんでした(泣)。私の一番のお気に入りは、このシュノンソーでした!正妻と愛人のいろんな戦いが見え隠れして。ヴィランドリーとアゼルリドーにも行く予定だったのですが、最終日はあいにくの雨だったのでワイナリーめぐりに予定変更(笑)。また秋にでも行ってみようかと思います。
2007.05.21 20:56 | URL | Kanabo | 編集
>Kanaboさん
おかえりなさい。
天気良くなかったですね。パリも。。
シュノンソーは綺麗ですよね。しかし裏には女性の戦いがあるなんて・・・。

ワイナリーめぐりもいいですね。
2007.05.22 03:49 | URL | parisanpo | 編集
  管理者にだけ公開する


トラックバックURL
http://parisoasis.blog65.fc2.com/tb.php/252-b7cc7306


パリ×写真×ブログ パリ散歩日和。©2008~ [parisanpo] All Rights Reserved. Harvest
写真
街角写真集 Atelier Ensoleille
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。