パリ×写真×ブログ パリ散歩日和。
Metro:Louvre Rivoli → Musee d'Orsay

当ブログは下記サイトに移行しました。 ブックマークなどの更新をお願いいたします。
写真×旅×街 | ISHIKAWA Portfolio | ATELIER ENSOLEILLE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Metro:Louvre Rivoli → Musee d'Orsay

Metro:Louvre Rivoli → Musee d'Orsay

ルーブル美術館裏から芸術橋を渡り、ボザール・骨董街を抜けオルセー美術館へ。
中に入らずとも、街が芸術である。
散歩距離:約1.5km 散歩時間:約1時間30分


メトロ1番線、ルーヴル・リヴォリ駅。
パリの地下鉄で最も美しい駅のひとつ。

DSC_2417.jpg

石造りの壁とガラスのベンチ、一見の価値あり。

美術館の様相を呈した駅を出ると、駅出口すぐにカフェがある。
LE FUMOIR

DSC_2434.jpg

昼夜問わず人でごったがえし他のカフェにはない特有のざわめきが、まさにその名「喫煙室」の雰囲気を表している。

南へ進み、ルーブル美術館とフランス学士院を結ぶ、パリで最初の歩行者専用の鋼鉄製の橋、Pont des arts(芸術橋)へ。

DSC_2473.jpg

ただセーヌを渡る者、自転車で通り抜ける人、地べたへ座り活字と戯れる若者、日中からワインをあける老年の男性、立ち止まりキスをするカップル、人生の縮図。
この橋一つで映画でも作れそうなものである。

DSC_2478.jpg

橋を渡りきり、ブキニストの並ぶセーヌ川沿いを西へ進むと、Ecole nationale superieure des Beaux-Arts(パリ国立美術学校)がある。ボザールの中庭では女学生が昼食。歴史と芸術がおかず。

DSC_2499.jpg

ボザールを過ぎ、セーヌ川沿いから一本入った道へ。サンジェルマン・デ・プレの裏、骨董商のエリアが広がる。

DSC_2505.jpg

「Carre rive gauche」の旗が並ぶアンティーク街は日曜日は当然のことながら休みだが、平日も気ままな店主が好きな時間に店を開ける。
この店はどうやって生計を立てているのだろうという疑問が、パリを散歩するとつきまとう。

長い通りを突き進むとやがてオルセー美術館へたどり着く。

DSC_2536-2.jpg

美術館の片隅も、あっという間にコンサートホールに様変わり。

DSC_2537.jpg

散歩日和とはいえない曇り空も、足にくる石畳も、一興。


↓この散歩道を気に入っていただけたら、応援のクリックをお願いします。
BlogRanking.gif

  管理者にだけ公開する


トラックバックURL
http://parisoasis.blog65.fc2.com/tb.php/2-c377856a


パリ×写真×ブログ パリ散歩日和。©2008~ [parisanpo] All Rights Reserved. Harvest
写真
街角写真集 Atelier Ensoleille
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。